学校が始まる登校日

学校が始まる登校日前に

夏休みが終わり登校日前日に

残念な話ですが、夏休みや冬休みが終わろうとする登校日の前日、子どもたちの中で自殺を図る割合が一番高いというデータがあります。何らかの理由で学校へ行きたくない、そんな思いが募り、衝動的な行動に走った結果と考えられます。その原因の一つはイジメかもしれませんし、成績が芳しくないことを気にしての行動かもしれません。いずれにせよ、自分で自分の命を絶つのは好ましいことではありません。学校側・本人・家族を含め、関係者全員に何らかの責任があると考えられます。少しでも異変に気付いてさえいれば、大切な命を救うことができたはずです。自治体でも、一人でも多くの命を救おうと、子どもの電話相談を開設したり、カウンセラーを配置するなどしています。教師たちも力を合わせ、子どもたちのわずかな変化さえ見逃さない姿勢が大切です。

充実していてお得な夏休み

暑くて何もする気がおきない人もいれば、長い休みなので友達と遊びたいと思う人もいて、過ごし方は十人十色です。そこで夏休みのお得な過ごし方を根拠と一緒に考えました。勉強することによって自分の学力をたくさんあげられるチャンスであり、そして今後の学校のテスト結果や成績にその努力が反映され、未来にも影響をあたえるため適度な時間を勉強に費やすことと、遊びや習い事で息抜きすることです。学校の部活や勉強ばかりでは充実したとはいえないと思います。時にはご褒美やストレス発散も必要です。結論づけると、自分の時間を効率的に使い今すべきことがわかると充実した夏休みを過ごすことが大切だと気づきました。

↑PAGE TOP